トップページ / 【老人性脱毛症】:プラスヘアー毛髪関連情報増毛のプラスヘアープラスヘアー / 【老人性脱毛症】:プラスヘアー毛髪関連情報増毛のプラスヘアーセミナー / 【老人性脱毛症】:プラスヘアー毛髪関連情報増毛のプラスヘアーお客様の声 / 【老人性脱毛症】:プラスヘアー毛髪関連情報増毛のプラスヘアーお問い合わせ / 【老人性脱毛症】:プラスヘアー毛髪関連情報増毛のプラスヘアープラスヘアー / サイトマップ

【老人性脱毛症】:プラスヘアー毛髪関連情報




新着情報

お客様の声

経営者様の声

増毛知識

【老人性脱毛症】

老人性脱毛症とは、老化(加齢)に伴って誰にでも起こる健全な変化で,壮年性脱毛症と異なり頭部全体の毛髪が、加齢とともに徐々に薄くなってくるが特徴である。
老人性脱毛症は男女の差に関わり無く症状が表れ、頭部全体を含む全身の体毛が薄くなる。成長期毛の数が減り,毛の伸びも悪く短くなり,光沢もなくなり色も淡くなり(白髪の増加),地肌が目立つ状態となるのが初発症状で,ゆっくりと進行し最終的には毛髪数も減少する。個人差が大で,60歳で全頭脱毛に近い状態になる人もいる一方で,80歳を過ぎても変化をみない人もいる。医学的には全く問題とされない状態である。
 壮年性脱毛症では、初期には額の拡大や頭頂部の薄毛化が目立つが、老人性脱毛が重なると全頭脱毛になることもある。
 老人性脱毛症の原因は細胞の老化により働きが低下するために起こり、その進行には個人差があるが、老化により多くの人に表れる自然な現象で、男性のケースでは男性型脱毛症と併発することが多い